家庭での口の健康ケア

口の健康を保つために

  1. 規則正しい生活リズムをもつ
    • 適度な睡眠
    • 適度な労働
    • 適度な余暇
    • 適度な運動
  2. バランスよく栄養をとる
    • 好ききらいをなくす
    • よく噛む
    • 楽しく食べる
  3. 口を清潔に保つ
    • 歯や歯ぐきについた歯垢(プラーク)を取り除く
    • 舌と上あごについた汚れを取り除く
  4. 定期的に専門家に診てもらう
    • 約6ヶ月に一度は定期検診を受ける

口の診査

あなたの口の状態をくわしく知るために診査をします。
診査は視診、触診により歯や歯ぐきの状態を、レントゲン写真により歯や骨の状態を、歯の模型により咬み合わせの状態をチェックします。
これらの情報にもとづいて、口の健康を保つために必要な治療の進め方について相談します。

自分の歯をまもるのは自分自身です

口の中にいるバイ菌が食べかすにくっつき、時間がたつとバイ菌が繁殖し、やがて毒素や酸をつくりだします。これらのかたまりを歯垢(プラーク)といいます。

歯垢(プラーク)がくっつきやすい部位

8020_009

  1. 咬み合わせ面の溝
  2. 歯と歯の間
  3. 歯と歯ぐきの境目
  4. 歯ならびが乱れている部位
  5. 抜けた部分の前後の歯面

歯垢(プラーク)を取り除くには

  1. まずは歯ブラシでていねいにみが
    • すべての歯の表面に届かせる
    • 弱い力で細かくみがく
    • 時間をかけてみがく(最低10分程度)
    • 歯磨剤は最後の仕上げに少量使う
    • 歯ぐきや舌もきれいにする
    • 小さめの歯ブラシを選ぶ
    • 毛の硬さが最適な歯ブラシを選ぶ
    • 毎食後と就寝前にみがく。就寝前が特に大切
    • 生活の一部に組み込む
    • 常に口のさわやかさを保つ
  2. 次に歯間ブラシやフロスを使う
    歯と歯の間は歯ブラシの毛先が届かないので、歯間ブラシやフロスで補います。
  3. 子供の歯みがき
    食べたら(飲んだら)みがく習慣を、できるだけ早くつけることが大切です。(0歳から)

    • 歯のない時期は綿棒やガーゼなどでやさしくこする
    • 歯が出てきたら、歯ブラシでみがく
    • まずは子供自身に歯みがきをさせる(3分から5分ぐらい)
    • 仕上げは親がていねいに行う(2~3分)
    • フッ素入りのペーストを使う

6歳の誕生日を迎えるころまでは、親の手助けが必要です。

お口の衛生グッズ

8020_015