無痛的麻酔注射

麻酔注射

m1アシスタントは左手の第4指と第5指で針ケースを保持し、第1指と第2指で注射器のシリンダー部をはさむように保持して、術者の右手第1指腹部に当てがうように手渡します。

m2シリンダーを保持した第1指と第2指を前方に押し出すようにすれば,注射針ケースはアシスタントの手に残ります。

無痛的麻酔注射のポイント

  1. 術者の体がハイコントロールに適した状態
  2. 常にシャープな針を使用
  3. 刺入点の粘膜を緊張させておく
  4. 骨膜下に刺入しない
  5. 時間をかけて注入(点滴の早さ)

無痛的麻酔注射の姿勢

m3麻酔注射の針先を微妙にコントロールするための術者の姿勢